テレワーク

TELE
WORK
ING

地元地域との連携を密にとりながら雇用の促進と雇用の維持を目指し、
障がい者が活躍できるフィールドを整えています。

スクロールscroll

Approach

障がい者のテレワーク

Approach

障がい者のテレワーク

様々な事情により通勤が負担となっている障がい者のテレワーク雇用は貴重な就労機会であると考えます。
NULアクセシビリティではテレワークとスーパーフレックスタイムの両方の制度を取り入れた、新たな働き方に取り組んでいます。

Cooperation

地方の就労支援団体との連携

Cooperation

地方の就労支援団体との連携

障がい者の就労支援は、その地域事情に精通する地元の就労支援機関との関係づくりが重要と考えています。NULアクセシビリティでは、雇用する社員の地元地域の就労支援機関を主に、自治体、障がい者職業センター、障がい者就業・生活支援センター、ハローワーク等と連携し、雇用の安定化を図っています。

NULアクセシビリティと、就労支援機関、自治体、障がい者職業センター、障がい者就業・生活支援センター、ハローワークと連携しているイメージ図です。 NULアクセシビリティと、就労支援機関、自治体、障がい者職業センター、障がい者就業・生活支援センター、ハローワークと連携しているイメージ図です。

現在は、徳島県のJCI Teleworkers' Network*様と連携し、障がい者雇用を継続しています。
今後は、他県も含め地域と一体となった体制を各地で展開していく予定です。

(*) NPO法人JCI Teleworkers' Networkについて
徳島県において社会的弱者の社会的・経済的自立の実現を目的とするNPO法人であり、早くからテレワークに力を入れ、在宅就業障がい者や事業主に対する支援活動において多くの実績をあげています。詳細はこちら(別ウィンドウで開く)

Treatment

完全在宅勤務への対応

Treatment

完全在宅勤務への対応

日本ユニシスは、ICTの活用により誰もがどこでもIT事業に参画できる環境づくりを目指し、働き方改革の一つであるテレワークを自ら実践してきました。NULアクセシビリティは、日本ユニシスグループの経験やノウハウを活用し、遠隔地での就労に関して、安心して働ける環境づくりに努めています。

リアルタイムな対応 業務状況の把握 Skypeのステイタスに現在の作業内容を記載し、業務状況を共有
業務相談の方法 複数のITツールの導入とモバイルの通知連携を通し、タイムラグを解消
個別相談 課題や心配事について常時受け付け、即日対応を実施
業務指示の方法 AM・PMの業務始業時のウェブ会議を通し、役割とゴール設定を確認
コミュニケーション
機会の創出
知財・情報の共有 各自の使い勝手に合わせて簡単に改修できるアプリの導入とDBの構築
スキルの向上 毎月の個別面談にて業務状況・勤務形態・健康状態を確認し、
各自のスキルアップに向けたeラーニング研修や外部研修の受講を推進
相手を知るための会話 毎週1回テーマを設けず雑談や相談を実施し、お互いのことを深く知る